廃車にするときナンバープレートが欲しい!記念にもらえる?

今まで愛着があった愛車。

廃車をしなくてはいけなくなったときは、寂しくなりますよね。

何か1つだけでも記念になるものを手元に残したいと思った時に、ナンバープレートが思いついたと言う人も多いでしょう。

ナンバープレートって記念にもらっても大丈夫なのでしょうか?

取った後にトラブルになることがあったら大変です。

今回は、廃車にするときにナンバープレートを記念にもらえるのかどうか詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

廃車時にナンバープレートをもらえるのか?

廃車をする時に、ナンバープレートってもらうことが可能なのでしょうか?

2017年の4月3日からナンバープレートは記念にもらうことができるようになりました。

なぜかというと、この時からラグビーワールドカップ特別仕様のナンバープレートが交付されるのが開始されたからで。

それとと同時に返納せず、もらえるようになったのです。

昔は必ず返さなくてはいけなかったのですが、今は大丈夫になりました。

記念に残しておきたい、愛着のある番号だったから保持したい人に取って嬉しいことですよね。

普通乗用車でも軽乗用車でも、どの車であっても、ナンバープレートをもらうことが可能なのです。

ナンバープレートはそのままの状態でもらえるのではなく、4cmぐらいの穴を開ける必要があります。

これは、不正に使われることを防ぐ意味もあるとか。

後は、現在使用しているのと間違わないようにするための意味もあるのです。

自分で勝手にナンバープレートを外して持つことはできず、ちゃんと手続きを踏まないといけません。

どのように処理をするのか、申し込みをすれば良いのかは次の項目でご紹介いたしますね。

ナンバープレートが欲しい時の手続き方法について

ナンバープレートが欲しい時の手続きの方法は次のようになりますよ。

手続きをすれば、お家に飾っておくことができます。

記念にもらいたいときはぜひ試してみてくださいね。

代理でお願いしているときは、その時にナンバープレートを手元に残したいことを伝えて処理してもらうようにお願いしてください。

1. 陸運局または陸運支局にて一時登録抹消または、永久抹消登録の手続きをする。

手続きをする時に、ナンバープレートを持ち帰りたいことを伝えます。

2. 記念所蔵ナンバー破壊(穴あけ)申込書に記載する。

1で伝えた時にもらえるので、この書類に記載します。

登録車両番号や申込者の氏名、連絡先などの基本事項と穴をあける位置などを記入します。

3. 申込書を出して、穴を開けてもらう。

申込書を提出し、ナンバプレートの返却窓口で穴を開けてもらいます。

この穴は直径が4cmぐらいの大きさになりますよ。

その場で受け取れることではなく、完了までに2日から3日ぐらい時間が必要になってきます。

窓口で、必ず受け取りの日にちを確認しておいてくださいね。

手数料は地域や場所によっても変わってくるのですが、300円から500円必要になる場合もあります。

これも、その場所でどのくらいかかるのかも聞いておくと良いでしょう。

この穴あけ、自分ですることも可能なことも。

でも、穴の開けた場所によっては申請が通らないと言うこともあるので注意が必要なのです。

事前に申請すると、自宅に持ち帰って穴を開けて、また再度手続きもすることも可能なこともあるそうです。

ただ、いろいろなことを考えると、業者の方に任せた方が失敗もなく、スムーズに進むでしょう。

穴を開けた後は、車につけることはできません。

ナンバーとしては使うことができなくなっているので、もし、このナンバーをつけて道路を走ったら、不正使用となってしまうのでくれぐれもしないでくださいね。

もし、それが見つかると1年以下の懲役または、100万円いかの罰金が課される場合がありますよ。

そんなことになったらとても悲しいですね。

しっかりお家で飾っておくようにしましょう。

まとめ

廃車にする時にナンバープレートが欲しい時手元に残すことができるのかどうか詳しくご紹介いたしました。

ナンバープレートは、2017年以降返納せずに、手元に持つことが可能になりした。

必ず、所定の手続きを踏む必要があり、その処理をすれば永遠に自分のものになりますよ。

陸運局または陸運支局にて一時登録抹消または、永久抹消登録の手続きの際に、ナンバプレートを持ち帰る手続きができます。

欲しいときは、必ずこの時に手続きしてくださいね。

ナンバープレートは完全な状態ではなく穴を開ける必要があります。

この穴、自分で開けることも可能ですが、開け方によって、やり直しになったり申請が通らないと言うこともあるので注意してくださいね。

穴を開けたナンバープレートは車につけて使うことができません。

使用したら、罰金または懲役になってしまうので注意しましょう。

必ず、お家で飾っておくようにしてくださいね。

愛車を廃車する際、ぜひ記念にナンバープレートを手元に残してみてはいかがでしょうか?

処分するしかないと思っていた車が売れるって本当?

オンボロで古い車となると廃車処分するしかないと考える人は多いです。

ですが、そんな車であっても買い取ってくれる可能性はあります。

ちょっとした故障であれば修理して使えますし、古い車でも海外に輸出するという手段もあります。

東南アジアやアフリカなど海外で20年以上乗るとか当たり前ですからね。

売れないと思っていた車が売れるっていうのは案外よくある話なんです。

ただその車が売れるかどうかは、中古車買取業者の販売力や販売ルートにもよるので一概にどこの業者が買い取ってくれるとかはありません。

そのため複数の業者に査定をお願いする必要があります。

最悪でも無料で引き取ってくれることが多いので、廃車費用の5~8万円が浮くと考えればそれだけ儲けものです。

もし車を廃車にしようと考えているなら、その前に一度売れるかどうか調べてみることをお勧めします。

ちなみに本気で高額買取を狙うのであれば1つの一括見積サイトだけでなく複数の一括見積サイトを使うことをお勧めします。

業者の数が増えればその分だけ高額査定を出してくれる可能性がアップします。

最低でも2つで15社以上に依頼をすると信じられないほど高額な査定額が出るかもしれませんよ。

ズバット車買取比較

  • 最大10社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • ビッグモーターやカーセブンなど有名企業を含む200社以上参加
  • お客様満足度・高額買取・信頼と安心の比較サイトの3部門でNo.1を獲得
  • 査定相場がすぐに分かる

↓忘れる前にひとまず相場を調べてみる↓

カーセンサー

  • 最大30社の比較ができるのは一括査定サイトの中ではトップクラス
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • 査定額を見てから売るかどうかを決めてもOK

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

カービュー

  • 最大8社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国230社以上参加
  • 利用者450万人突破

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

廃車について
廃車情報局
タイトルとURLをコピーしました