軽自動車を廃車にするタイミングはどの時期がベスト?

軽自動車を廃車するとき、どのタイミングが良いのか気になりますよね。

車って、いつでも廃車してもOKというわけではなく、タイミングによって痛い出費が増えて損してしまうこともあるのです。

少しでも出費を抑えベストな状態で廃車をしたいものです。

それでは、いつか良いのか、今回は軽自動車の廃車するタイミングが良い時期をご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

 

軽自動車を廃車にするとき何月がいいの?

軽自動車を廃車にするときは何月が良いのでしょうか?

一般的に言われているのは3月です。

でも、なぜ3月なのでしょうか?

それには次のような理由がありますよ。

軽自動車の自動車税と関連しているのです。

自動車税のシステムには、月割計算というシステムがなく、新しい年度が始まる4月1日より1年間自動車税を納めるようになっているのです。

だから、ちょうどそれの終了が3月なので、3月中に廃車の手続きをするのがベストということになります。

もし、3月にできず、1日でも4月に入ってから廃車をすると、4月から1年分の税金を納めた状態で廃車することになり勿体無いのです。1日だけでも、税金は戻ってきませんので注意してくださいね。

3月の末は同じようなことを考えている人で混雑するので、余裕を持って手続きをするのが良いでしょう。

全て完了するまでにも時間が必要なので、余裕を持って行動するなら、2月ごろから手続きするのが望ましと言えますよ。

慌てて、行うよりも気分的にも楽になり、混雑する時期もはずすことができるのでおすすめです。

廃車を考えているときは、ある程度余裕を持ってするようにしてくださいね。

乗り換える場合のベストタイミングについて

乗り換えを考える場合のベストなタイミングはいつなのでしょうか?

12月から3月ごろとされています。

査定価格が高くなる可能性が大きい時期です。

手元に入った金額を新しい車を購入する際の元手として使うことも可能ですよ。

中古車の需要も増えるので、特に2月後半から3月前半にかけて中古車販売店では、買取に強く力を入れてくるのです。

だから、掘り出し物もある可能性も大きくなりますよ。

さらに、決算の時期となるのが3月と9月。

この時期は購入価格が安くなる時期灯されているので、お得に新しい車を手に入れることができますよ。

新しい車に乗り換えを考えているのなら、12月から3月までの間にすると良いでしょう。

軽自動車をいつ手放すのが良いのかの目安としては次のようなことが挙げられます。

走行距離が8万kmに届く時。

一般的には10万kmが乗り換えの時期とされていますが、軽自動車の場合は、7万kmから8万kmになります。

これぐらい走行しているなら、そろそろ買い換えどきと思って良いでしょう。

3回目の車検を受ける時。

3回目の車検を迎えるときは、ちょうど7年ぐらいの年月が経っています。

このタイミングで交換すれば、3回目の車検費用も必要なくなり、メンテナンスの代金も新しい車に当てることができてお得ですよ。

ローンの返済が終わったとき。

車のローンの返済が終わったあとなら、新しい車に買い換えるのも良いでしょう。

二重のローンを返済するなんてことにならなくて済みますよ。

3年目に新しいのに買い換える。

買取価格や下取りの金額が上がる可能性があるのは3年目です。

この時期に交換するのも1つの手ですよ。

下取り費用をそのまま新車に当てることも可能に。

家族が増えた、環境やライフスタイルが変わったとき。

家族が増えたり、ライフスタイルが変わったときに新しい車に変えるのもおすすめです。

その時のニーズに合った車を選ぶと良いでしょう。

これらのことも頭に入れて新しい車の購入を検討してみてくださいね。

できるだけお得に、無駄な出費が出ないように考慮すると良いですよ。

もう一つお得な方法としては、軽自動車の場合、4月1日時点でその年の1年分の税金が課されるシステムになっています。

なので、4月2日以降に軽自動車を購入した場合は、その1年の税金は課されないということになるのです。

びっくりですよね。

軽自動車の場合は月わりシステムがないので、年度途中で購入しても次の年からの税金支払いで良いのです。

1年分だけ節税をしたいときは、4月2日以降に購入すれば良いですよ。

ただし、軽自動車だけに当てはまることなので、普通自動車には当てはまりません。

まとめ

軽自動車を廃車にするタイミングはどの時期がベストなのか詳しくご紹介いたしました。

年度末が変わる前の3月がベストなタイミングとされています。

4月1日からは新しい自動車税もかかってくるので、3月中までに終わるように手続きをしてくださいね。

軽自動車の場合は、月わり計算がないので、4月を1日すぎた時点でその年の1年分の税金を払わなくてはいけなくなるので注意しましょう。

できるだけ余分な費用がかからないようにお得に廃車するようにしてください。

廃車する車を下取りに出して、新しい車を購入することも可能ですよ。

廃車や新しい車の購入を考えているときは、まずは、業者に相談してみてくださいね。

処分するしかないと思っていた車が売れるって本当?

オンボロで古い車となると廃車処分するしかないと考える人は多いです。

ですが、そんな車であっても買い取ってくれる可能性はあります。

ちょっとした故障であれば修理して使えますし、古い車でも海外に輸出するという手段もあります。

東南アジアやアフリカなど海外で20年以上乗るとか当たり前ですからね。

売れないと思っていた車が売れるっていうのは案外よくある話なんです。

ただその車が売れるかどうかは、中古車買取業者の販売力や販売ルートにもよるので一概にどこの業者が買い取ってくれるとかはありません。

そのため複数の業者に査定をお願いする必要があります。

最悪でも無料で引き取ってくれることが多いので、廃車費用の5~8万円が浮くと考えればそれだけ儲けものです。

もし車を廃車にしようと考えているなら、その前に一度売れるかどうか調べてみることをお勧めします。

ちなみに本気で高額買取を狙うのであれば1つの一括見積サイトだけでなく複数の一括見積サイトを使うことをお勧めします。

業者の数が増えればその分だけ高額査定を出してくれる可能性がアップします。

最低でも2つで15社以上に依頼をすると信じられないほど高額な査定額が出るかもしれませんよ。

ズバット車買取比較

  • 最大10社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • ビッグモーターやカーセブンなど有名企業を含む200社以上参加
  • お客様満足度・高額買取・信頼と安心の比較サイトの3部門でNo.1を獲得
  • 査定相場がすぐに分かる

↓忘れる前にひとまず相場を調べてみる↓

カーセンサー

  • 最大30社の比較ができるのは一括査定サイトの中ではトップクラス
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • 査定額を見てから売るかどうかを決めてもOK

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

カービュー

  • 最大8社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国230社以上参加
  • 利用者450万人突破

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

軽自動車の廃車について
廃車情報局
タイトルとURLをコピーしました