廃車前にエンブレムが記念に欲しい!取っても大丈夫?

長いこと乗っていた愛車を手放すとき、何か記念になるものを手元においておきたいと思うことってないですか?

そんな時に思いつくのがエンプレム。

これだけでも手元に残しておきたいと思う人も多いでしょう。

でも、これをとると査定に響くかも、とか問題になってしまうことがあったりしてなんてと不安が頭をよぎることもありますよね。

実際はどうなのでしょうか?

今回は、廃車前にエンプレムを取っても大丈夫なのかどうか詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

エンブレムを取ると問題になる場合について

エンプレムを手元に残したいけど、エンプレムをとると問題にもなるって聞いて不安だわと言う人もいるでしょう。

実際に問題になることってあるのでしょうか?

次のような場合は、問題になるので取らないほうが良いのです。

一時抹消登録の場合

車が解体されるのではなくて、メンテナンス、掃除などをした後に中古車で売られることになっている時は、エンプレムを取ってしまうと問題になります。

エンプレムはメーカーの顔になっているので、これを取ってしまった車の場合、エンプレムの価値以上の減額になってしまうこともあるので注意が必要なのです。

中古車として買取後販売される予定がある車からは、絶対にエンプレムを取ってはダメですよ。

国内や海外に販路を持っている業者へ買取をお願いした時

中古車として、国内だけでなく、海外へ売る可能性がある場合もエンプレムは重要になってきます。

国内だけでなく、海外のことも視野に入れている場合は、高額で買い取ってくれる可能性もあるのです。

その時、エンプレムがないと問題になってしまいます。だから、この場合も取り外してはいけません。

エンプレムを取って問題になってしまうのは、解体されるのではなく中古車として販売予定がある車です。

自分の車がこれから、中古車で売られる可能性が大きい場合は、取ってはいけませんよ。

国内だけでなく、海外に販路を持っている業者にお願いをしたときもエンプレムを取ってはいけません。

抹消手続きが済んだ後は、解体業者の人しか車の部品類を取ることができなくなります。

引き渡した後や手続きが済んだ後は、業者の方の判断で決まってきます。

勝手な判断でエンプレムを取ってしまうと問題になることもあるので注意しましょう。

エンプレムが欲しい、もしくは記念に取っておきたいときは、まずは業者の方に相談してみる必要がありますよ。

車の査定によって変わってくるので、業者さんの意見に従うのが良いでしょう。

エンブレムをとっても問題にならない場合について

エンプレムを取っても問題にならない場合はどのような場合でしょうか?

それは、解体が決まっている車です。

もうその後使い物にならず、そのまま解体されると決まっているときは、エンプレムを取っても問題ないですよ。

もう一つは、車の部品だけを売ることが決まっている時です。

車としては、もう使い道がなく解体するのですが、ここの部品に関しては使えるものだけ売ることもあります。

この場合の時も、エンプレムを取っておいたとしても問題にならないのです。

業者で解体専門業者にお願いする時もエンプレムを取って車を渡したとしても問題ありません。

ただ、エンプレムをつけた時の方が高額買取になる可能性は大きいので金額を取るか、エンプレムをとるかの選択になってくるでしょう。

エンプレムを取っても問題にならないのかどうかは、まずは査定してみないとわかりません。

いくつかの業者に査定を依頼してから、その結果でエンプレムを取り外して良いか決まるのです。

業者の方に確認して、OKが出た時に取り外すようにした方が良いでしょう。

くれぐれも自己判断で取るのだけはやめた方が良いですよ。

まとめ

エンプレムを取っても問題にならない場合と、問題になる場合について詳しくご紹介いたしました。

エンプレムを取っても問題にならないときは、車を解体する、または部品だけ売りに出す、解体業者にお願いしている時になります。

エンプレムを取って問題になるときは、中古車として売りに出す予定、海外に売りに出される予定になる可能性のある車は、取り外さない方が良いでしょう。

車が、廃車になるのか、それともさらに売りに出すことができるのかその先、中古車として需要があるのかなどの判断は、個人では無理でしょう。

まずは、専門の業者に査定をお願いしてみることから始めましょう。

その結果によって、エンプレムを記念にもらうかどうか考えてみることをおすすめします。

廃車前にエンプレムを取ってはいけませんよ。

エンプレムの取り方によっては、傷をつけてしまうこともあるので注意が必要なのです。

査定前は特に危険です。

査定額に大きな影響を与えてしまい、場合によっては値段がものすごく下がると言うこともあるので注意してくださいね。

処分するしかないと思っていた車が売れるって本当?

オンボロで古い車となると廃車処分するしかないと考える人は多いです。

ですが、そんな車であっても買い取ってくれる可能性はあります。

ちょっとした故障であれば修理して使えますし、古い車でも海外に輸出するという手段もあります。

東南アジアやアフリカなど海外で20年以上乗るとか当たり前ですからね。

売れないと思っていた車が売れるっていうのは案外よくある話なんです。

ただその車が売れるかどうかは、中古車買取業者の販売力や販売ルートにもよるので一概にどこの業者が買い取ってくれるとかはありません。

そのため複数の業者に査定をお願いする必要があります。

最悪でも無料で引き取ってくれることが多いので、廃車費用の5~8万円が浮くと考えればそれだけ儲けものです。

もし車を廃車にしようと考えているなら、その前に一度売れるかどうか調べてみることをお勧めします。

ちなみに本気で高額買取を狙うのであれば1つの一括見積サイトだけでなく複数の一括見積サイトを使うことをお勧めします。

業者の数が増えればその分だけ高額査定を出してくれる可能性がアップします。

最低でも2つで15社以上に依頼をすると信じられないほど高額な査定額が出るかもしれませんよ。

ズバット車買取比較

  • 最大10社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • ビッグモーターやカーセブンなど有名企業を含む200社以上参加
  • お客様満足度・高額買取・信頼と安心の比較サイトの3部門でNo.1を獲得
  • 査定相場がすぐに分かる

↓忘れる前にひとまず相場を調べてみる↓

カーセンサー

  • 最大30社の比較ができるのは一括査定サイトの中ではトップクラス
  • 全国対応で近所の買取店がすぐに見つかる
  • 査定額を見てから売るかどうかを決めてもOK

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

カービュー

  • 最大8社に無料出張査定を依頼できる
  • 全国230社以上参加
  • 利用者450万人突破

↓最短3分!今すぐ一括無料見積もりを依頼する↓

廃車について
廃車情報局
タイトルとURLをコピーしました